切り花

  

切り花のページ



           切り花を長く持たせるお話


切花は 「水」「栄養」「環境」が整えば、長く美しさを保つ
ことができるのです。
毎日の愛情をこめたお手入れで、切花を少しでも長く楽しみたいですね。


★ 水を毎日とりかえる

 花の水は毎日きれいなものに取り替えましょう。
 茎の切り口からはアクなどの有機物質が分泌されていて、
 水に溶け出します。

 これがバクテリアの繁殖原因となり、水を腐らせてしまいます。

 花器を洗い、茎の根元を少し切り戻し、茎の表面を洗うことで
 水・栄養分が運ばれ、花は長持ちしてくれます。


★ 花を置く場所

 花は気温が低いと、水がよごれにくくなります。
 花の呼吸がゆっくりになる分、長持ちするのです。

 とはいえ、エアコンの前など風があたる場所は花が乾燥して
 しまい、痛みやすくなってしまいます。

 また、直射日光の当たる場所や、電化製品の上なども
 避けた方がよいでしょう。

 気温の差が激しい場所を避けると、お花は長持ちしてくれます



★ 葉の整理

 切花がしおれる原因は、切り口から吸い上げる水と
 葉から蒸発する水分とのアンバランスです。

 余分な葉や咲かないつぼみ傷んでいる茎などを整理して
 花やつぼみに水や栄養分をいきわたらせると
 お花は長持ちしてくれるのです
★ 水の量

 水はたっぷり入れてあげましょう。

 給水スポンジに生けたアレンジメントにも、水を補給し
 こまめに霧吹きで霧を吹いてあげましょう。

 しかし、ガーベラやチューリップ アイリス グラジオラス
 などは、吸水性が良すぎて早く咲き終わってしまうので
 水の量を少なめにしましょう。


★ 水を清潔にする

 塩素系漂白剤
    水5?に対してキャップ1/2杯をいれると
    バクテリアの繁殖を防ぐことができます

 十円玉
    1?の水に十円玉を2〜3枚いれると
    銅のイオン効果で水を殺菌できます





        

HOME

生け花のお話

フラワーアレンジメントのお話

グリーンのアレンジメントのお話

ブーケのお話

プリザーブドフラワーのお話

ドライフラワーのお話

押し花のお話

ポプリのお話

花の香りのお話

花の気(パワー)のお話

フラワーセラピーのお話

花言葉のお話

花選びのお話

切花を長く持たせるお話

夜空に輝く花のお話

もっと知りたい☆花言葉


リンク集

プロフィール



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


チャールズ皇太子から
褒状をいただいた
奇跡のハーブティー


JASON
WINTERS
TEA



お洒落な花ギフト専門店
〜花時計Fleurie〜



  

Copyright (C)  花 彩 空 間   All Rights Reserved